top of page

「台湾東部・北部旅行」花蓮・台北4日間の魅力的な旅|台湾散歩

ツアーの提供先            株式会社AIR PLANNING

​行程について

台湾満喫の旅!東部台湾を巡る花蓮・台北3泊4日の冒険の旅


日本からの旅行者にとって、台湾は魅力的な観光地の一つです。特に、東部台湾に位置する花蓮と台北は、その美しい自然と独自の文化で知られています。今回は、3泊4日のプランで、台湾の魅力を存分に味わい尽くす旅に出かけましょう。


※日本各地発の対応は可能です!行程内容についてもぜひご相談ください。専門のスタッフが柔軟に対応します。

*参考フライト情報:日本→台北;台北→日本(桃園空港・松山空港)

*参考到着予定時刻:午前便に台北到着

★全行程専用車/日本語ガイド付きの安心プラン


東部台湾を巡る花蓮・台北の冒険の旅 1日目

午前中の到着後、専用車と日本語ガイドが台北到着空港までお出迎えいたします。


★台北駅まで移動し、特急列車に乗って花蓮へ向かいます


★花蓮の地元台湾料理レストランで夕食を楽しむ!


東部台湾を巡る花蓮・台北の冒険の旅 2日目

終日専用車利用/日本語ガイド付きの安心プラン

*ホテルにて朝食後、専用車にて台湾観光へ*


★太魯閣峡谷

太魯閣峡谷(Taroko Gorge)は、台湾の東部、花蓮県に位置する美しい自然景観で知られています。以下は、太魯閣峡谷に関する主な特徴や情報です:

・地理と地質: 太魯閣峡谷は中央山脈に位置し、太魯閣国家公園に含まれています。この峡谷はリアス式の海食峡谷であり、大理石や片岩から成る崖が切り立ち、深い峡谷が形成されています。中央山脈は地質学的にも興味深く、断層や地殻変動の影響を受けています。

・景観と自然: 太魯閣峡谷は、奇岩怪石、深い峡谷、清流、滝、そして豊かな植生で満たされています。峡谷内には数々のトレッキングやハイキングコースが整備されており、訪れる人々は自然の美しさを楽しむことができます。有名な場所には、セントラルクロスアイランドハイウェイ(中部横貫公路)が峡谷を横断する構造物や、七星潭などがあります。

・石の芸術: 峡谷一帯には、風化した大理石が奇岩怪石として見事な形状を成しています。これらの石はさまざまな形や模様を持ち、自然の造形芸術とも言えます。特に、太魯閣峡谷の大理石はその美しさで有名です。

・文化と歴史: 太魯閣峡谷一帯にはトラトララン族と呼ばれる先住民族が住んでおり、彼らの伝統や文化も峡谷に影響を与えています。また、峡谷内には仏教寺院や道教寺院も存在し、歴史的な建造物も訪れる価値があります。

太魯閣峡谷は台湾随一の観光地の一つであり、その圧倒的な自然美や文化的な価値から、多くの観光客が訪れます。

★大理石工場見学

大理石工場は、大理石の採掘、加工、製造などを行う場所であり、大理石製品の生産を担当しています。以下は、大理石工場に関する一般的な情報です。

・採掘: 大理石工場はまず、大理石の産地である採掘地で大理石を採掘します。採掘された大理石のブロックはさまざまなサイズや形状になっており、これを基に製品が作られます。

・加工: 大理石は堅い自然石であるため、製品に仕上げるためには切削や研磨などの加工が必要です。大理石工場では、専門の機械や工具を使用して、大理石を所定の形状に整え、表面を滑らかに仕上げます。

・製造: 大理石は様々な製品に加工されます。建築材料としての床材や壁材、キッチンカウンター、バスルームの洗面台、彫刻品、モニュメントなどがあります。これらの製品は、デザインや需要に応じて大理石工場で製造されます。

・デザインとカスタマイズ: 大理石工場では、クライアントの要望に基づいて大理石製品をデザインし、カスタマイズすることができます。色や模様、形状などが調整され、特定のプロジェクトに適した製品が提供されます。

・環境配慮: 大理石の採掘や製造は環境への影響が懸念されることがあります。一部の大理石工場では、環境への影響を最小限に抑えるための持続可能な実践やリサイクルを採用しています。

大理石工場は、建築やデザイン分野において大理石製品の需要が高まる中で、高品質な大理石製品を提供するために技術的な専門知識と熟練した作業が求められています。


★普悠瑪号列車花蓮から台北へ移動(13:30到着予定)

*台北(松山駅)到着後、台北郊外観光

*昼食は列車内の台湾駅弁を賞味!


★十分瀑布

台湾最大の滝、十分瀑布は台湾の宜蘭県と新北市の境界に位置し、平渓区にあります。台湾で最も高い滝であり、「台湾のナイアガラ」と言われるほど美しく、滝の幅は約40メートル、落差は約20メートルです。ここは美しい景色が広がる場所であり、観光客が訪れる一つの名所となっています。また、近くの十分老街も人気の観光地であり、地元の料理やショッピング、天燈のイベントなどが楽しめます。


台湾旅行十分瀑布台湾散歩

十分老街散策

十份老街では、線路脇を歩いて散策できる素晴らしい体験があります。そして、タイミングが良ければ、列車が門前を通過する瞬間を間近で見ることができるかもしれません。この独特な体験は訪れる人々にとって魅力的で、風景や雰囲気が一層楽しいものになります。列車の通過を待ちながら老街の雰囲気を味わうことも、観光の中で特別な瞬間となるでしょう。


★天灯体験

天灯体験は、台湾の伝統的な文化の一環で、特に台湾北部の平渓(Pingxi)や十分(Shifen)などで人気があります。天灯には四方向に願い事やメッセージを書き込むことができます。願望や感謝の気持ちを込めて、思い思いのメッセージを書き込み、空に放す感動的な瞬間を楽しむことができます。天灯体験は感動的でロマンチックなものであり、台湾の伝統や風景を感じる上で素晴らしい機会です。旅より一層の楽しみが待っているかもしれません。


★九分

九份には伝統的な茶屋やレストランが点在しており、地元のお茶や美味しい台湾料理を楽しむことができます。有名な「阿妹茶樓」などがあります。九份の夜景は非常に美しく、特に夕暮れ時から夜間にかけての時間帯に訪れると、山間の灯りがきらびやかに輝きます。夜の散策もおすすめです。美しい自然を満喫できる場所として訪れる価値があります。訪れる際には、坂道の散策や現地の美味しい食事を楽しんでみてください。


これで2日目が終了しました。ホテルに宿泊します。


東部台湾を巡る花蓮・台北の冒険の旅 3日目

終日専用車利用/日本語ガイド付きの安心プラン

*ホテルにて朝食後、専用車にて台北市内観光へ*


★行天宮

・行天宮(Xingtian Temple)は、台湾台北市にある道教の寺院で、信徒や観光客に親しまれています。以下は、行天宮に関する簡単な情報と、提供された文から得られる特徴についての追加の情報です。


・建立年:

行天宮は1967年に現在の場所に建立されました。その後、台北市内で非常に重要な宗教施設として知られるようになりました。

質素で飾り気がないが荘厳:

提供された文によれば、行天宮は質素で飾り気がないが、同時に荘厳な雰囲気を持っているとのことです。これは、寺院の建築や内装が贅を極めずに、かつ威厳があるといった特徴を指しています。荘厳な雰囲気が宗教儀式や信仰活動に適しているとされています。


・信仰の対象:

行天宮は主に道教の信仰対象であり、信者たちはさまざまな目的で訪れます。願掛けや感謝のために祈願することが行われます。


・参拝者の活動:

参拝者は、祈祷やお供え物を行ったり、神聖な空間で安らぎを求めるために訪れます。行天宮には様々な宗教行事や儀式が行われ、特に祭りの期間には賑やかな雰囲気になります。


・地元の文化と結びつき:

寺院はしばしば地元の文化とも結びついており、地元住民や観光客が一堂に会する場としても機能しています。


行天宮は、台湾の宗教と文化において重要な位置を占めており、質素でありながら荘厳で美しい雰囲気が魅力の一因となっています。


★中正記念堂

・中正紀念堂(Chiang Kai-shek Memorial Hall)は、台湾の台北市に位置する国家の象徴的な建築物であり、中華民国(台湾)の初代総統であった蒋中正(蒋介石)を記念して建てられました。以下は、中正紀念堂に関する追加の情報です。


・建設の経緯:

中正紀念堂は1976年に蒋中正の死後、その功績を称えるために建設されました。堂内には、蒋中正の銅像や展示物、資料が展示されています。


・建築様式:

中正紀念堂は伝統的な中華風の建築様式を取り入れており、四角い基壇の上に立つ円形の大きな建物が特徴です。白い大理石で造られた建物は、その堂々とした外観とともに、一際目を引きます。

台として使用され、国慶節などのイベントで賑やかになります。


中正紀念堂は観光名所の一つとして、台湾の歴史と政治の中で重要な位置を占めており、台湾を代表するランドマークとなっています。


★総統府(車窓観光)

総統府は1919年に日本統治時代に建設され、当初は台湾総督府庁舎として使用されていました。その後、中華民国の成立に伴い、台湾政府の要として総統府として使用されています。


★台湾お土産購入へのチャンス


★故宮博物館

・故宮博物院(National Palace Museum)は、台湾の台北市に位置する世界的に有名な博物館で、中華民国の歴史的な宮殿から収集された文化財や美術品を展示しています。以下は、故宮博物院に関する基本的な情報です:


・歴史と起源:

故宮博物院は、1925年に中国の故宮(紫禁城)の一部の収蔵品を保護する目的で、当時の中華民国政府によって設立されました。博物院はその後、台湾に遷され、現在の場所である台北市北投区に位置しています。


・蔵品と展示:

故宮博物院は、中国歴代の皇帝や皇族が使用した美術品、書画、玉器、陶磁器、絹画などの多くの文化財を収蔵しています。蔵品の中には、中国の歴史や文化を象徴する重要な作品が含まれています。


・建築と庭園:

博物院の建築は伝統的な中国の宮殿様式を踏襲しており、美しい庭園と一体となっています。建物や庭園も博物館全体の魅力の一部です。


・三館一廬構造:

故宮博物院は「三館一廬構造」と呼ばれる配置を持っており、主要な三つの館(中央、南、東館)と一つの別館(崇蘭陳列館)から成り立っています。


・展示のローテーション:

蔵品は数十万点以上に及び、展示物は定期的にローテーションされ、一般の来場者にも多様な作品を鑑賞する機会を提供しています。


・国際的な知名度:

故宮博物院はその蔵品や展示内容、建築美、保存状態の良さから国際的な名声を持ち、多くの観光客や研究者が訪れます。


故宮博物院は、中国の歴史と文化を代表する重要な機関であり、その膨大な蔵品は中国美術や歴史に関心を持つ人々にとって貴重なリソースとなっています。


★忠烈祠

忠烈祠(Zhonglie Ci)は、台湾台北市にある忠烈の英霊を祀る祠で、忠烈祠広場とも呼ばれています。以下は、忠烈祠に関する基本的な情報です:


・歴史と起源:

忠烈祠は、日本統治時代の1914年に建立されました。当初は「忠烈亭」と呼ばれ、日本統治時代の忠烈の英霊を祀るための祠でした。その後、中華民国政府が台湾に移り、名称が「忠烈祠」となりました。


・英霊への敬意:

忠烈祠は、忠誠心と献身精神を示した英霊たちを祀る場所として建てられました。これらの英霊は、歴史的な出来事や戦争で命を落としたり、犠牲を払ったりした人々です。


・建築様式:

忠烈祠の建築様式は、伝統的な中国の宮殿建築に基づいており、中央に祭壇があり、四方を回廊が取り囲んでいます。屋根は特徴的な中国の寺院や祠のスタイルを持っています。


・主要な施設:

忠烈祠には、主祭壇の他にも、護衛の将軍たちを祀った義勇亭、武士道や軍事の精神を称える武聖亭など、さまざまな施設があります。


・儀式と行事:

忠烈祠では、重要な日や慶事には祭典や儀式が行われます。例えば、忠烈祠広場では、旧正月や中秋節などの伝統的な行事が行われます。


・観光地としての位置づけ:

忠烈祠は観光地としても知られ、多くの観光客や市民が訪れ、歴史や文化に触れる場として利用されています。

忠烈祠は、台湾の歴史と文化において重要な宗教的・歴史的な場所であり、訪れる人々にとって意味深い場所となっています。


これで3日目が終了しました。ホテルに宿泊します。


東部台湾を巡る花蓮・台北の冒険の旅 4日目

★ホテル朝食後、自由行動

★フライトの時間に合わせて、空港までに送ります。


参考料金:

1名様:¥68,000~


日本出発時には各空港での対応が可能です。また、到着地や行程内容のカスタマイズも対応いたします。まずはご要望や予算などをお聞かせください。専門のスタッフが柔軟に対応いたします。



ツアーの提供先            株式会社AIR PLANNING
bottom of page